葬儀の流れと手配

多様化する現代の埋葬…どんなお墓を選ぶべき?

どんなお墓を選ぶべき?墓地の種類・お墓の種類

 
葬儀が終わった後、故人のお骨をどうするかというのは重要な問題です。近頃では墓地への埋葬だけでなく、ロッカー形式の納骨堂や散骨などを希望する方も増えています。
この記事では、多様化する現代の納骨事情と、新しい埋葬の形について書いてみたいと思います。

墓地の種類、墓地と霊園の違い

 
墓地には以下の三種類がありますが、そのうち寺院の中にあるもの(寺院墓地)は「墓地」、
それ以外のもの(公営墓地・民営墓地)は霊園と呼ばれています。

以下の表はそれぞれのメリット・デメリットについて一覧にしたものです。
(〇:メリット ▲:デメリット)
 

【寺院墓地】(墓地)
仏教寺院による運営・管理
〇 お寺による手厚い供養が期待できる
〇 法要の際、困ったことがあれば僧侶に相談できる
▲ 信徒として檀家になる必要がある
▲ お寺への貢献や寄進が必要なこともある
【公営墓地】(霊園)
都道府県・市町村などの自治体が運営
〇 宗旨や宗派、国籍などによる制限がない
〇 永代使用料や管理費などが比較的安い
▲ 各自治体によって利用条件がある
▲ 応募が多く募集が少ないので、抽選になることが多い
【民営墓地】(霊園)
公益法人、宗教法人などが運営
〇 宗旨や宗派、国籍などによる制限がない
〇 墓地を購入するための資格や条件が少ない
〇 生前購入可能・区画や墓石デザインなどの自由度が高い
▲ 土地利用料や管理費などが比較的高い

 

墓地と霊園、どちらを選択するべきか?

 
「先祖代々の墓」があってお墓の心配をしなくて良い方は、寺院墓地ということになります。
寺院墓地に入るためには、檀家になってお寺への寄進や貢献が必要になりますが、
全ての法要を執り行うことができ、手厚く供養をしてもらえるなどのメリットがあります。

また、特に檀家になっていないという場合は、ご自身で霊園を探す必要があります。
宗派にこだわりがない方、檀家制度に縛られたくない方には霊園の方が向いているでしょう。
 

 

お墓の種類

 
お墓の種類は、大別すると以下の三種類に分かれます。

【家族墓】 先祖代々のお墓を守り、後世に引き継いでいくという従来通りのスタイル
【永代供養墓】 他人のお骨と一緒に埋葬する「合祀墓」・遺骨を個別にご安置する「納骨堂」
どちらも生前に手配し、後継ぎがなくても永代供養をしてもらうことができる
【自然葬】
(樹木葬・海洋散骨など)
墓石ではなく、墓碑として樹木を指定したり、遺骨を海に散骨したりする形

 

新しい埋葬のスタイルその①「納骨堂」

 

資料提供:一般社団法人終活協議会

 
納骨堂は、いわば上記の「永代供養墓」の中の一種です。後継ぎがなくても購入でき、
永代供養をしてもらえる、お墓より費用がかからない、などの理由から選ぶ人が増えています。
形状は従来型のロッカー式だけでなく、仏壇式や自動搬送式といったスタイルも登場しています。
 

新しい埋葬のスタイルその②「樹木葬」

 

資料提供:一般社団法人終活協議会

 
樹木葬は、納骨堂とは違い「屋外の土の中にお骨を埋葬する」というスタイルになります。
(お骨を自然の中に撒いて「散骨」する訳ではありません)
個別に墓石を建立する必要がないため、比較的費用が安く抑えられるメリットがあります。
バスツアーや見学会なども開催されており、希望する方はこうしたものへの参加もおすすめです。
 

新しい埋葬のスタイルその③「海洋散骨」

 

資料提供:一般社団法人終活協議会

 
散骨が許されている場所は、基本的に私有地・公海上・管理されている墓所の3つです。
他人の私有地や漁業権の付与された海・川、散骨を禁止している自治体では散骨できません。
(詳しいルールなどは、日本海洋散骨協会のガイドラインによって定められています)

 

新しい埋葬のスタイルその④「宇宙葬・手元供養・自宅安置など」

 

遺骨ペンダント写真

 
バルーン宇宙葬といった壮大なものや、遺骨をペンダントなどにして身に着ける手元供養など、
現在では、供養される方の想いのスタイルが多様に変化しています。
 

 

お墓・納骨についてのまとめ

 
【旅立つ前の準備としてお墓を考えている方】

どんなスタイルにせよ、自分の希望する形を事前に家族に伝えておくことが大切です。
特に「檀家になっているお寺がある」とか「すでに生前墓を建てている」などといった情報は、実際に葬儀を行う家族が知らなければ、別の形になってしまうようなことにもなりかねません。
可能であれば、家族の負担が少ない方法を、ぜひ今のうちから検討しておいてください。
 

【亡くなったご家族のためにお墓を考えている方】

先祖代々のお墓があるという場合を除き、お墓参りや管理のしやすさ、金額といった部分でお墓を選ぶことになると思います。
新しい納骨スタイルのうち、特に手元供養は故人への想いの深さも関わってくるかもしれませんが、いつまでもお骨を自宅に置いておくことは執着にもつながり、故人の浄化にとってはマイナスです。

何よりも大切なのは、形や金額ではなく「故人を偲ぶ心」です。
後々管理が大変になるよりも、できる範囲で真心の供養をしてあげられるものを選んでください。
 

 

資料提供:一般社団法人終活協議会
※当サイトに掲載中の記事の無断転載は固くお断りさせて頂きます。

 

ABOUT ME
夕貴
自ら予言した通りに亡くなった母、突然倒れて帰らぬ人となった父……二人を見送った経験から「天国への旅支度」の必要性を痛感。見送られる側・見送る側それぞれの心に寄り添うエンディング、現代社会にマッチした新しい終活の在り方を模索し続けています。
PAGE TOP