葬儀の流れと手配

知っておきたい相続の実際~手続きの流れと期限

印鑑画像

相続開始の流れと期限

「相続」開始の流れは大体以下のようなステップとなります。

相続の流れ

① 死亡届の提出(7日以内)
② 遺言書の確認・検認
③ 相続人の確定
④ 相続財産の全容を把握
⑤ 相続放棄・限定承認
⑥ 準確定申告(故人の確定申告)
⑦ 遺産分割協議書の作成
⑧ 名義変更などの手続き
⑨ 相続税申告
⑩ 遺留分減殺請求

 

相続手続きのうち、期限があるもの

  • 相続放棄・限定承認【3か月以内】
  • 準確定申告【4か月以内】
  • 相続税申告【10か月以内】

 

死亡届の提出

 
死亡地、本籍地、住所地いずれかの市区町村の戸籍・住民登録窓口に提出します。
死亡届を出すと「埋葬許可証」が発行されるので、納骨するまで失くさないようにしましょう。
 

【必要なもの】

医師による死亡診断書(または警察による死体検案書)、届出人の印鑑

 

遺言書の確認・検認

 
遺言書のあるなしで、相続の流れが変わってきます。
 

  • ある場合 ⇒ 原則、遺言書の内容通りに遺産を分配します。
  • ない場合 ⇒ 相続人全員で「遺産分割協議書」を作成し、その内容に従い遺産を分配します。

 

相続の流れ図解
 

※もしも「公正証書遺言」以外の遺言書を発見した場合、絶対に勝手に開封しないこと!

亡くなった家族の荷物を整理していたら、「遺言書」と書かれた封筒が…。「すぐに中身を確認したい」と考えても、あわてて開封してはいけません。

遺言書には、家庭裁判所の「検認」という手続きを受ける必要なものがあるからです。検認の手続きをしないままでおくと、5万円以下のペナルティーを受ける可能性あります。

 

 

相続人確定・相続財産の把握

 
この段階では、以下のものを作成しておくと良いでしょう。故人がエンディングノートを作成していた場合は、必要な情報がまとめられていることもあります。
 

  • 相続人関係図
  • 相続財産目録

 
どちらも作成が必須という訳ではありませんが、相続登記や預貯金の解約などの際、提出を求められることがあります。
(なお、関係図や目録の書き方については、以下のサイトが詳しいのでリンクを貼らせて頂きます)
 

 

相続放棄・限定承認

 
相続人が、相続の開始を知った時(被相続人の死亡)から3ケ月以内に、
以下のいずれかを選択する必要があります。

※遺産を消費したり、売却すると「単純承認」したとみなされます。
 

3ケ月以内にいずれかを選択

■ 承認
相続する。何もしないで3ケ月過ぎると、承認したことになります(単純承認)

■ 限定承認
相続財産に借金等が含まれる場合、自分の相続分の額に限定して借金等を引き受けること。
家庭裁判所にその旨を申述します(他の相続人も要全員参加)

■ 相続放棄
相続財産に借金等が含まれる場合、プラスの財産も含めて全ての相続を放棄することができます。限定承認と異なり単独で申述できますが、放棄すると、次順位の法定相続人が(借金も含め)相続人に昇格することになります。
※後述する遺産分割協議で「相続しない」意思を示しても同様の結果となります。

 

準確定申告(故人の確定申告)

 
所得税の準確定申告は、故人全員がしなければならない訳ではありません。
以下に当てはまる方は申告しなくても大丈夫です。
 

  • 年金の収入が400万以下
  • その他の所得が20万以下

 

遺産分割協議書の作成

 
「遺産分割協議」には全ての相続人が参加する必要があり、相続人の確定が急務となります。
万が一不参加者があった場合、協議の内容自体が無効になってしまうため、
故人の離婚歴や養子縁組等の有無など、戸籍謄本などできちんと確認するようにしましょう。
 

「相続人探し」を探偵社に依頼するという手もあり!

 

先日、テレビでもおなじみの原一探偵事務所のスタッフさんとお話をする機会があったのですが、その時に「やはり相続関係のご依頼もありますね」ということを言っていらっしゃいました。
探偵社というと「浮気調査」がすぐに思い浮かびますが、実際は相続人探しの依頼も少なくないとのことでした。

 
秘密裏に認知していた子がいた場合など、遺産分割協議の際に戸籍謄本を取り寄せてみて、初めて明らかになることもあります。遺産分割協議自体には期限はないものの、相続人が揃わなければ、いつまで経っても遺産を相続することができません。
そうしたことでお困りの方は、一度探偵事務所に調査を依頼することを考えてみてもいいかもしれませんね。

「相続」24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

 

名義変更などの手続き

 
遺産の分配が決定したら、不動産の相続登記手続きや車などの名義変更をします。
(遺産分割協議や名義変更には特に期限はありません)
 

 

相続税の申告

 
年間に発生する遺産相続のうち、相続税が課せられるケースは実はそれほど多くありません。
ですが、「かからないだろう」と安易に決めつけず、きちんと確認しておくことが大切です。

また、相続税がゼロだからといって、相続税の申告をしなくていいとも限りません。
相続税の申告は、税務署で配布されている書き方の手引きを見ながら自力で申告も可能ですが、
申告書の枚数が多く記入の仕方も複雑なので、やはり専門の税理士に依頼した方が安心でしょう。
 

 

遺留分減殺請求

 
不公平な遺言があった場合に法定相続人を救済する措置のことです。
 

【遺留分とは】

兄弟姉妹以外の相続人に保証されている、最低限の相続分割合のこと。
遺留分を侵害した他の受遺者に遺留分減殺請求ができます。(1年以内)

 

【まとめ】スピリチュアリズムの観点から見た遺産相続争い

 
人生を終わらせる段階になって、相続という揉め事が発生してしまう――
残念なことですが、これはその故人の、もしくはその家族の「生き様」がその状況において発現したものだとも言えます。

故人としては公平な遺産分配を言い遺したつもりでも、家族の側ではそこに積もりに積もった感情が上乗せされ、愛情の代替え品としてより多くを望む気持ちが沸き上がってしまうのです。
 

自分がいかに故人から愛されていたか、どれだけ尽くしていたか……
そうした思いがお金やモノにすり替わり、「もっともっと」と貪るようになってしまう。
あるいは、兄弟間では暗黙のうちに納得できていても、それぞれの配偶者の意見によって主張が翻ってしまう。

それではあまりに悲しすぎると思いながらも、人はこうしたエゴからはなかなか逃れられないもののようです。
 

青い花のイラスト
 

お金やモノにしがみつくことはカルマを作ることにもなり、魂の浄化を遅らせてしまいます。
あの世に金品は持って行けないのと同じように、この世でいくら得をしたとしても、
それは魂にとっては何の値打ちもないものなのです。

むしろ、自分自身が天に還る時に、物欲のために身内と争ったという事実を突き付けられて愕然とするだけでしょう。それならば、「天からの授かりもの」くらいに思って期待しないほうが、魂の成長にとってはよほど有益です。
 

私の母も、かつては極貧生活の反動から買い物依存症に陥っていましたが、臨死体験と思われる出来事を経て「お金の使い方が間違っていた」ことを強く反省させられたという経験があります。
人は死の淵に立った時、走馬灯のように人生を見せられるというのはどうやら本当のようです。

いつの日かあの世に還る時、「失敗も多かったけれど、総じて幸せな人生だったな」と思いながら旅立ちたい……。
そのためにも、万が一相続について争いが生じそうであれば、弁護士など専門家の力を借りて理性的・事務的に処理をするのも良い方法なのではないかと思います。
 

【参考】

■ 相続手続き、何から手をつけていいのか分からない時のサポートに
【全国対応】日本相続事務代行協会

■ 相続手続きに必要な戸籍謄本を代行取得してくれるサービス
相続手続き戸籍謄本取得代行

■ 法律に関する様々なトラブル相談窓口の無料案内
日本法規情報「相続サポート」

 

資料提供:一般社団法人終活協議会
※当サイトに掲載中の記事の無断転載は固くお断りさせて頂きます。
ABOUT ME
夕貴
自ら予言した通りに亡くなった母、突然倒れて帰らぬ人となった父……二人を見送った経験から「天国への旅支度」の必要性を痛感。見送られる側・見送る側それぞれの心に寄り添うエンディング、現代社会にマッチした新しい終活の在り方を模索し続けています。
PAGE TOP