ミディアム修行日記

【英国AFC】ジャパニーズウィーク参加記録~ロンドンまでの航空券とホテル予約

ロンドンの街並み

 
「スピリチュアリズムの本場、イギリスで一流のミディアムから訓練を受けたい」という思いは、もう何年も前からずっと私の心の中にくすぶっていました。
それが念願叶ってようやく実現することになり、来年2020年の5月に開催されるAFC(アーサーフィンドレーカレッジ)のジャパニーズウィークに参加を決意しました。

ジャパニーズウィークには通訳さんがいるので授業の言語については心配ありませんが、とはいえほとんど海外旅行経験のない小心者の私。航空券手配やらホテル予約やら、いちいち調べながら不安な気持ちを抱えて進めています。
そこで、また次回参加する(……かどうかは分からないけど希望を込めて)時のためのの覚え書きとして、細々としたことを書き記しておこうと思います。

2020/4/22 追記

全世界で猛威を振るうコロナウイルスの影響で、今年のジャパニーズウィークは中止になりました。
それに従い、私の予約も来年度に振り替えてもらいました。
果たして来年に行けるかどうかはまだ誰にも分かりませんが……。
私たちに現段階で出来る事は何もなく、一日も早い収束を祈るのみです。

ロンドンまでの航空券購入

 
2020ジャパニーズウィークは5月9日~16日まで(7泊8日)の開催ですが、私は羽田での前泊、コース開催前日(ロンドン到着日)の前泊と、コース終了後の観光も加味した日数を予定しました。

羽田からロンドン・ヒースロー空港にはJALの直行便で行くことにしました。
いくつかのサイトを見比べた結果、一番安かったJALの公式サイトから購入しました。
 
そういえば、確か飛行機に乗ればマイルが貯まるんでしたよね……。私はJALマイル用のマイレージカードを持っていないので、新しく作らなければもったいないですね。
マイレージカードには無料のものと有料のクレジットカードとがあるみたいなので、特典や付帯サービスなどを調べて一番メリットの多いカードを作ろうと思います。
 

2020/2/3 追記

色々調べた結果、次回の渡英も考慮して有料のJALクレジットカードを作りました。
無料のカードの場合、私が予約した航空券のクラスだと通常のフライトマイルの50%(3107マイル)しか貯められないそうです。でもどうせならしっかり貯めたい。
なのでJALカードにして「ツアープレミアム」というオプション(2200円)を付けました。これで区間マイルの100%+ボーナスマイル(6525マイル)が貯められます。

また、JALカードは「海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が自動付帯(持っているだけで自動的に補償対象)」なので、万が一の場合に備えてこちらの方がメリットが大きいと判断しました。(補償内容は他のカードとも合算できます)

前泊~コース終了後のホテル予約

 
ロンドン前泊のホテルは「Booking.com」というホテル予約サイトが日本語で予約できるので、そちらを使いました。
ちなみにコース終了後に宿泊するホテルはまだ予約していません。少しだけ観光するつもりなので、その行き先を決めてから予約する予定です。

調べたら、このサイトにはユーザー向けの提携クレジットカードがあるみたいです。そのクレカを使って専用サイトから予約・支払いをするとポイントが付与されたり、持っているだけで海外旅行保険が自動で付くなどのメリットがあるそうです。
残念ながら私はそれを知る前に前泊のホテルを予約してしまったのですが、コース終了後のホテルはまだ決めていないので、とりあえず急いでこのクレカを作ることにしました。
 

2020/2/3 追記

Booking.comカードを作ってシリアルコードを登録すると「genius(ジーニアス)会員」という上級会員資格が取得できます。会員になると、対象ホテルの宿泊料金10%割引やウェルカムドリンクサービスなどの特典が受けられます。

また、専用の予約サイトからホテルを予約しこのカードで支払うと、100円ごとに5ポイント付き、通常のクレカ利用分の100円1ポイントと合わせて6ポイントが自動キャッシュバックされます。(1ポイント=1円でキャッシュバック)
私はコース終了後のホテル2泊分をgenius会員特典の10%割引で予約&それ以外にもキャッシュバック金額が1395円付きました。


母が背中を押してくれたタイミングで…

 
数年前までは資金面でもメンタル面でも絶対不可能だと思っていたAFCのコース受講。ところがつい最近、何人かのミディアムさんからアセスメントを受けた時、亡き母を含む私の指導霊たちがその道をお膳立てしてくれていることを知らされたのです。

自分でも不思議なのですが、ある日突然「行かなければ」と思い立ち、それから数週間のうちに申し込みまでしてしまっていました。
あれほど「絶対ムリだ」と悩んでいた数年間は何だったんだろう……と思うのですが、ちょうどぴったりの資金も手元にあり(イギリス行きのために貯めていた訳ではない)、3年前に夫婦で旅行した時に取得したパスポートもありました。海外慣れしていない私にとって、パスポートを既に持っていたことは参加を決める大きな要因になったと思います。

たとえジャパニーズウィークでも不安は不安ですが、真剣に学ぶ場を求めているからこそ、私にしては高すぎるハードルを越えようという決心が付きました。
これからイギリスに行ってAFCのコースを受講し、帰宅するまでの間、少しずつでもその様子を記事にまとめていきたいと思っています。
 

ABOUT ME
アバター
夕貴
自ら予言した通りに亡くなった母、突然倒れて帰らぬ人となった父……二人を見送った経験から「天国への旅支度」の必要性を痛感。見送られる側・見送る側それぞれの心に寄り添うエンディング、現代社会にマッチした新しい終活の在り方を模索し続けています。
お気軽にコメントをどうぞ!
PAGE TOP