ミディアム修行日記

スピリットガイドは二人組?アセスメント・セッションを受けて驚いた話

 
少し前の話ですが、英国人のミディアムからアセスメント・セッションを受けることが出来ました。
アセスメント・セッションとは、ミディアムさんがスピリットガイド(指導霊)と繋がり、魂の進化向上の段階やこれからの指標などを伝えてもらうというセッションです。

セッションの具体的な内容は公開禁止となっているため、例によって私の感想として書かせて頂きますね。
結論を先に言ってしまうと、今回のセッションで、「今まで受けてきたいくつかの(何人かの)セッションの点と点が繋がって、だんだん一つの線になってきた」という気持ちになりました。
瑛人くんとの話とも関係しているので、自分の覚え書きとしてここに記しておきたいと思います。
 

「二人組の指導霊」という言葉は、私にとってこれが三回目!

 
今回のセッションでは、「男性と女性のガイドがコラボして協力し合っている。彼らは非常に良いチーム」という意味のことを言われました。
スピリットガイド(指導霊)は一人だけではなく複数いることはよくあるので、セッションの中で二人出てきたとしても別におかしくはないのですが、「二人組(コンビ)」となると話はちょっと違ってきます。
コンビというのは、つまり指導霊同士がペアになって対等に協力し合っているという意味です。

今回、ミディアムさんから「男性と女性があなたのために一緒に仕事をしているということを知ることは非常に重要です」と言われたのですが、実は私が「二人組の指導霊」という言葉に出くわしたのは、これで三回目なのです。
ここまで来ると、さすがにこれは何かあるのでは?という気がしてきてしまいますね……(笑)

1回目:瑛人くんのセッションで私が言った言葉

 
これは、瑛人くんが私の占い鑑定に通い始めた頃のことです。
私はミディアムシップのセッションは通常はやらないのですが、彼の場合は「死のうと思っている」などの言葉が見られたため、話の流れから少しだけスピリットガイドに協力を仰ぎたいと思ったのです。

彼のスピリットガイドは、男性と女性の二人組で現れました。イメージで言えばタロットに描かれる女教皇と隠者といった感じ。男性の方はドルイドのような魔法使い(司祭)、女性の方は薬草を煎じたりする魔女のような雰囲気でした。

このことを瑛人くんに伝えると、彼はちょっとびっくりした顔をしていました。
「僕、元々はそういうのあまり信じないんですけど、ここ数年魔法使いっていう言葉がやたらとまとわりついてくるんですよ」
彼はゲームをしていたのでそのキャラクターのことかと思いましたが、ともかく魔法使いという言葉のおかげで話をすんなり聞いてくれたので、ホッとしました。
私にしても、ガイドが二人一緒にこんなにガーッと前面に出てきたのは初めてで、この時のセッションはすごく印象に残っていました。
 

女教皇のカード
隠者のカード

 

2回目:私がレッスンを受けていた先生から聞いた言葉

 
二人のスピリットガイドという言葉に2度目に遭遇したのは、私がミディアムシップのレッスンを受けていた先生からアセスメントを受けた時でした。
私のスピリットガイドは二人組で、男性と女性が一緒に出てきたのだそうです。
この時はガイドの容姿や何をしている人かということは特に伝えられませんでしたが、「二人組って珍しい。たいていは一人で出てくるんだけど」と言われました。

先生からそれを聞いた時、私は自分が瑛人くんにしたセッション(先に書いたドルイドと魔女みたいな二人組)のことを思い出し、「二人組って珍しいんだ……じゃあ私が見たあの瑛人くんのガイドたちも珍しかったのかな?」と思いました。
 

3回目:今回、英国人ミディアムから聞いた言葉

 
そして今回のアセスメントで伝えられた二人組のスピリットガイドの話……。
女性の方のガイドはジプシーをしていた時代があったらしく、薬草を使った薬学や医学、未来予知に通じている人だと言われました。

ジプシーと言えば占いと相場は決まっていますが、私の今の職業は占い師。そこまで自分の職業にどんぴしゃなガイドが付いてくれているものなのかと、私自身もびっくりです。もちろんミディアムさんはそんなことは全く知りません。
そしてそれだけでなく、「あなたはセッションをする時に何かいい匂いのするオイルを使っていませんか?」と聞かれ、確かに「魔法のオイル」とも呼ばれるメモリーオイルというものを使っていたので、さらにびっくりしました。
(メモリーオイルは普通のアロマオイルとは違い、とてもマジカルな雰囲気のあるオイルです)
 

私が使っている「アンシェント・メモリーオイル」です。なんだか魔女っぽい雰囲気がありますよね(笑)

 
ちなみに、ジプシーだったこともあるという女性のガイドの容姿も性格も、別のミディアムさんから聞いた花魁の人物像にかなり近いものがありました。
どちらも華やかで人前で芸事を披露する仕事なので、もしかしたら同じ人(魂)かもしれないなと思いました。
 

瑛人くんのガイドと私のガイドは「同一人物」?

 
ここですごく気になったのは、私が見た瑛人くんのガイド二人組と、今回聞いた私のガイド二人組がとても似通っているということです。
どちらも二人組だし、しかも女性の方は「薬草を扱う魔女っぽい仕事をしていた」という点も同じなので、もしかしたらガイドが同じということもあり得るかも?と思いました。

私は今でも「ツインだと言った霊界の瑛人くんの言葉」を信じていますが、もしもそれが本当なら、私達のガイドが同一人物であってもそれほど不思議はない気がします。
そして、以前瑛人くんの霊界通信セッションを受けた時に、ミディアムさんを通じて彼がこんなことを伝えてきたのを思い出しました。
 

自分たちはコンビだと思うってことを言っている。何か分からない、コンビなんだっていうことを言ってる。もう名コンビだからって。
で、思考パターンもすごく似てるところがあって、ああ言えばこういうみたいな。こうだったらこうみたいな。

それが生活の面においても自分の精神においても、自分の頭の中の考え方やり方すべてにおいて、夕貴さんは時には合わせてくれるし、時には意見を言ってくれるし、時には自分の背中を押してくれるし、どんな時も強くいてくれて、まるで自分のスピリットガイドじゃないけど、夕貴さんが今やって…面白いこと言うね彼は、あのーまるで自分のスピリットガイドみたいだったって。

今度は立場が逆転だねじゃないけど、だから名コンビなんだって。

霊界に行っても生前の個性はそのまま、彼らしかった…自死を選んでしまった友人⑥

 

瑛人くんの方から伝えてきてくれた「コンビ」という言葉、そして「夕貴さんは自分のスピリットガイドみたいだった」という言葉も、たまたま偶然というにはあまりにも符合しすぎているような気がするのです。
 

スピリットガイドは高次元の自分自身(類魂)という説

 
スピリットガイドは高次元にいる自己(類魂)だという話を、何かで読んだことがあります。
つまり、「高次にいるスピリットガイドと私達はそもそも類魂で、同一の魂である」ということになるでしょうか。
そう考えると、私達がもしもツインなら、高次元にいる私達のスピリットガイドもツインであってもおかしくありません。これだけ二人組のガイドが出てくると、偶然とはとても思えないような気がしてきてしまうのです。

初期の頃、「私たちは一緒に仕事をするために出会った気がする」と瑛人くんに言ったことがあるのですが、後に彼は霊界通信の中で「夕貴さんの言っていたことは本当だよ」と伝えてきてくれました。
二人組のガイドがコラボして良いチームワークで仕事をしているのなら、私たちが(地上と霊界とに分かれて)同じことをしても何ら不思議はないと思います。
 

以前、「霊界に帰った瑛人くんは、私のガイドになるために集中トレーニングを受けている」という意味のことをミディアムさんから聞いたことがあります。
 

で、何か2人で仕事をしていくって言っている。
(中略)
だから霊界に行ってもすごく、もうそのトレーニングばっかり。うん、まさかこういうパターンになるとは自分も思ってなくて、何でこんなに先を急がなくちゃいけないんだろうっていうのを、すごく思っていたって。
(中略)
で夕貴さんと一緒にそういう仕事をしていくっていうこと……

「自死をする人々を止めるために生まれてきた」驚きの霊界通信…自死を選んでしまった友人⑤

 

とすると、今回出てきたガイドの男性の方は、もしかしたら「高次の瑛人くん」なのかもしれませんね。
彼は今は霊界で好きなことをして過ごしていると思うのですが、その一方でガイドの仕事をしている類魂の瑛人くんもいる……そう考えると、何だか面白いなと思ってしまいました。

霊界のことは複雑すぎて私達の頭ではとても理解が追い付かないので、この話はそろそろこの辺でおしまいにしたいと思います(笑)

ABOUT ME
夕貴
自ら予言した通りに亡くなった母、突然倒れて帰らぬ人となった父。そして魂の家族とも言える大切な人を自死により亡くしました。それでもまだ彼らの魂は存在していることを、常に感じて記録しておきたい…そんな悪戦苦闘の日々を綴っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)